マラガ地域で活躍中のインストラクターたちの一部ご紹介します。

     簡単な経歴と教えているダンス種別の他、青字リンクからは個々のFacebook

     やWebサイトが見られます。それぞれの詳しい活動の様子がご覧いただけます。

Juan y Maria Jesus夫妻-ダンス歴は16年教師歴11年、

ラテンダンス(Cubanサルサ/バチャタ/チャチャチャ)・

アルゼンチンタンゴ・社交ダンス(モダン/ラテン)を教

える。国内外の競技会上位入賞も多々あり、地域では

特に中高年者に人気の教師夫妻。二人の息子はともに

SalsaインストラクターとクラブDJのダンス一家。

Juan Antonio Pérez-現在の私共の住まいの1Fで

ダンスアカデミー "Azabache"を経営。フラメンコ

セビジャーナスのプロフェッショナル教師。8才から

ステップを踏み始め、14才から10年幾つかの教室で

学び続ける。1992年からアカデミーを主宰、肩書き

はダンサー/教師/ディレクター/振付師と幅広く活躍中。

Raque del Pozo Sancho-両親に連れられて行った

フェリアで5才の時からセビジャーナスを踊り、13才

でもう人に教えたという。ずっとダンスを教えること

で生きて来た女性。市のカルチャーセンターではセビ

ジャーナス・ルンバ・社交ダンスを15年教えている。

他に自宅でフラメンコ教室も開いている。

 

Javier y Noemi-ダンス歴は6年なのに、ダンス教師

養成のプロのレッスンを受け急速に成長したカップル。

クラスはサルサOn1とバチャタで厳しいけれど、よく

教えてくれるレッスンと個性的な振付が評判。バチャタ

アンダルシア地区大会の2011年優勝カップル。

Sergei & Svetlana Gerasimov-マラガで活躍のロシア人

教師。カップルダンス歴23年、国際ダンス競技会にも数

多く出場。教えている種目は社交ダンスのモダンとラテン

でカップルで別々にクラスを持つ。Sergeiは社交ダンス

全般とサルサOn1を、SuetalanaはLana-Danceを主宰

して競技会出場者たちとダンス教師を目指す人々に教え

ている。社交ダンス教師として経験豊かでハイレベル。